忍者ブログ

星の如く ときどき獣医学生

獣医学科に通う大学生による、ありふれた日記。 いろんな方と交流したい。
HOME  >    >  [PR]  >  日常  >  維持
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [35]  [34

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

維持 

後ろを振り返って反省したら、次は一歩踏み出せばいい。
たとえどんな一歩でもいいから、普段よりも一つなりたい理想の人間に近づければいいと感じます。

今は大学生で、実家から随分と遠くまで来たものだから、高校時代の自分を知る人はいません。それが幸か不幸かは自分次第なわけなのですが、傷は癒えても残りますね。
自分で自分にプレッシャー与えてストレスかけて、壊れるまでにどうしてやめれなかったのかと後悔してる。ただ、あのころの自分がいたから今笑えているのかもしれない。
あのころと同じ状況を作りたくないせいか、バスケを真剣にやることはもうなく、勉強だけに生活を費やすのもお断りです。自分が救われたと思う環境を、そっくりそのままでなくていい、似た環境に自らを持っていければと思ってしまう。

臆病なんでしょうか。
でも、臆病者だと言われてもこの体験は私にしか分からない。
ふとした拍子に思い出すといまだにため息しか出ない過去の傷。
それは大学に落ちた時よりも、曾祖父がなくなった時よりも、つらくて暗い実体験。
夜は寝れず、昼も寝れず、何も食べれず。涙ももう流れない。
私の後ろ向き思考はこのころから大して変わらない。

そんな過去を隠すつもりはないけれど、わざわざ言うことではないから公には言わないし、たとえこの場であっても具体的に話すことはない。墓場まで持っていくなんて仰々しいことはいいませんが。

あのとき自分を支えてくれたのは、音楽で。立ち上がるきっかけを与えてくれたのは高校3年間担任をしてくれた先生でした。だから私はいまだにあの高校を好きと言えるのでしょうか。
だからこそ、最初に言うように環境の継続を願ってる。
またどこかで変わらなければならない時が来たとしても、私はこれに似た環境を望み続けるのかもしれません。それがいいのか悪いのか、今の私にはまだ何も見えない。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
タカツキ
性別:
非公開
自己紹介:
獣医学科に通って勉強してます。どこにでもいる大学生と同じです。

最新コメント

[10/27 やま]
[10/26 かおる]
[10/14 schrinz(lynx)]
[09/28 タカツキ]
[09/28 あじのひらき]

最新トラックバック

(09/26)

ブログ内検索

P R

Copyright © 星の如く ときどき獣医学生 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]