忍者ブログ

星の如く ときどき獣医学生

獣医学科に通う大学生による、ありふれた日記。 いろんな方と交流したい。
HOME  >    >  [PR]  >  日常  >  愚痴につき注意。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愚痴につき注意。 

家に帰ると憂鬱になって勉強できないので、やっぱり図書館で勉強しようと思うこのごろです。
偽物の自分、っていうと変な書き方になりますけど、
夕方になると、今日一日の自分が仮面をかぶった偽物のように思えて憂鬱になるんですよねw
別に、そんなに無理して笑っていたわけでもないだろうに。

空っぽのまま笑うことと、笑うことをやめることと。
いったいどっちが自分にとってよいのかは分からない。

といった内容が以下、ぐだぐだ続きます。
そんなの読みたくねぇよwwwってかたはぜひブラウザの戻るボタンを押してくださいませw



たぶん、2年生になって、ここどうすんの?って聞かれればちゃんと答えたり、
ちゃっかりなんちゃって優等生やってるせいか、
「えらいね」とか「頼りになる」とか、そんなこと言われてるのが辛いんだと思います。
努力してる人を支えることと、努力しない人を支えるのは別ごとです。
自分自身はなにも特別なことをしていなくて、ただ手順通りに実験を進めたり、
先輩から教えていただいた知識をそのまま友人に横流ししてるだけ。

頼られなくなったらそれはそれでさみしいと思う自分がいるから厄介なのだし、
自分でかぶった優等生の仮面ばかりみないでほしいと思うのも自分勝手なのだけれど。

それにまあ、弱みを見せたくないっていう安っぽいプライドが、
より自分に仮面をかぶらせているのかもしれないですね。
・・・というよりも、弱みの見せ方も、人への頼り方も忘れてしまっているだけの気がしますが。
誰かに任せるくらいなら自分がやったほうが早いから自分でやってしまう。
そうやって自分にかける負担ばかりどんどん増えていく・・・のかな?
自己分析は難しいですね。

他人に対して、どう弱みを見せていいのか、どう頼っていいのか、どう怒ればいいのか
それが分からない。
弱みを見せることは相手の精神に負担をかける。
頼ることは自分の心を落ち着かなくさせる。
怒るということは自分も相手も一時期とはいえ傷つく。

怒るというよりは、突き放す場面も必要なはずなのです。
向こう側が成長するためにはアメばかり与えていてはいけないのに。
で、アメを与えるだけ与えても、自分にアメは返ってこない。
別に返してほしいわけじゃないけど。

自分は誰にどう助けてほしいんだろうなー。
「助けて」ってずっと叫んでるwww重病だwwww
PR
≪ 山を越えてHOME駄文。 ≫

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

TRACKBACK

TrackbackURL:
≪ 山を越えてHOME駄文。 ≫

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
タカツキ
性別:
非公開
自己紹介:
獣医学科に通って勉強してます。どこにでもいる大学生と同じです。

最新コメント

[10/27 やま]
[10/26 かおる]
[10/14 schrinz(lynx)]
[09/28 タカツキ]
[09/28 あじのひらき]

最新トラックバック

(09/26)

ブログ内検索

P R

Copyright © 星の如く ときどき獣医学生 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]